プロフィール

クロ

Author:クロ
コメント&トラックバック大歓迎です

更新復活!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

クロのアホな日々
アニメ・漫画に対する私の感想を書いていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は友達が少ないnext11話、12話感想&総括
3468776b-s.jpg

俺達の残念な青春は終わらない

ということで、大変、大変遅くなりましたが、僕は友達が少ないnext11話、12話感想と総括です。

1期を上回る出来で私を楽しませてくれたはがないも最終回。
残念なメンバー達の残念な日常はどのような結末を迎えるのか。
以下、感想と総括です。



0e77ab6c-s.jpg
c37ec6b0-s.jpg
2e964789-s.jpg
a4eed0ab-s.jpg
6e1a3351-s.jpg
13c1148d-s.jpg

11話は久しぶり(試験勉強のため3週間ぶり)にはがないを見たせいかメチャクチャ面白く感じましたね。
って言うか個人的に2期の話の中で一番面白かったよ!


理科が倒れたせいで映画が完成しなかった時に夜空が上映の中止を直ぐに決めたのは良かったですね。
「最初は7人で見ないと意味がない」なんて夜空が言うなんて、
小鷹じゃないけどちょっと感動しましたね。

星奈に「貴様さえいなければ」と言ったり、自分の都合で映画の脚本を変えたり、
自分勝手なことばかりやっていた夜空ですけど隣人部のことは大切に思ってたんですね。

そのあと遊佐が隣人部を潰しにきたときも腰が抜けるほど緊張していたのに
毅然とした態度で遊佐に向かってますし、
夜空の株が急上昇ですよ!まあこれぐらいじゃ全然足りないぐらい株が下がってるきもしますが

あと、理科が頑張って完成させた映画。
これやっぱりOPの映像が映画だったんですね。
1話の中でOPを2度みるとは(笑)
原作じゃ文章だけであんまり印象に残ってなかったんですけど、アニメではOPになってたこともあって
結構印象深いシーンになりましたね。


そして衝撃のラスト!!
星奈の突然の告白に小鷹の魔法の呪文えっなんだっても通用せずヘタレ小鷹は隣人部から逃亡します!!


原作でも思ったけど、このシーンの小鷹はマジでクズですね。
いや、逃げただけならまだいいですよ?
ヘタレには違いませんけど、突然のことでしたしきっとどうしたらいいか分からなかったんでしょう。

でもね、何次の12話でしれっと生徒会ハーレム作ってんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

多分アニメを見ていたほとんどの人が「いや、もう小鷹死ねよ」と思ったでしょうね。私も思ったよ!
まあ、そんなことがうまくいくわけなく理科に鉄球でボコられましたけど。ザマああああああああああああ


って言うか12話は理科がマジで主人公してましたよね。
ヘタレの小鷹にカツを入れて自分を頼るように言うとかカッコよすぎるぜ・・・

その前のシーンで幸村が小鷹を送り出すシーンもカッコよかったし2期はサブヒロイン押しがすごかったな~


んで、当のヘタレ小鷹ですけど、このヘタレが何を考えていたのかも最後の最後で分かりましたね。

自分はラノベ主人公のようにはなれない。

優しさと鈍感さだけでハッピーエンドーを作りだしたりなんてできない。だからどうしようもなく困ってるんだ!!と。


うん、上ではボロカスに言いましたけど、小鷹は小鷹で隣人部を守るために頑張ってたんですね。
まあ、だからって今までの所業が帳消しになるわけじゃありませんが、
チキンでヘタレな小鷹には主人公は荷が重すぎたんでしょうね。


その小鷹も理科のおかげで主人公になる決意をし、星奈の告白に答えようとする・・・
というところでまさかの夜空失踪エンド

結局最後打ち切り漫画の最終回みたいだった1期の最終回よろしく
俺達の残念な青春はまだまだ続くぜ!ってかんじ12話は終わりましたね。


と言うわけで結構毎週続きが楽しみだったはがないnextも終わってしまいました。
皆さんどうでしたか。

2期の総括をする前に、一つ皆さんに謝らないといけないことがあるんですよ。

実は私、今までアニメからはがないに入ったような感じで感想を書いてましたが、
本当は1期のアニメが決まる前から原作を読んでた原作組なんですよ。
いや、別にアニメ初見のフリをして皆さんをダマソウとしたとかそういうのじゃありませんよ?
ただ最初はアニメ感想の書き方がわからなくて、他のささみさんとかサイコパスと同じ感じで感想を書いてたんですよ。
でもそうするとアニメで初めて見たような感想になっちゃって、それで原作組だってことをなかなか言い出せなくて最終回まで来てしまいました。
今まで黙っていてすみませんでした。


え~それでは懺悔も終わったのでここから総括です。

今回のアニメ第2期ですが原作組の私からすると1期より格段に面白かったと思います。

1期は謎のシリアス展開や夜空がただの嫌な奴になってるなど
みなみけ2期並みになかったことにしたいできでした。

しかし、2期ではキャラデザの変更もありキャラ達が皆可愛く、ギャグも高め安定で原作の良さを再現できていたと思います。
後半ではまたシリアスな展開も増えてきたんですけど、2期であったシリアスは1期のようなクソ改変ではなく原作の通りなんですよね。

私も昔は、はがないは5巻(2期5話のタイムマシーンの話まで)がピークでそれ以降は落ち目だな~って思ってたんですよ。
でも、8巻と番外編のコネクトでまた面白くなったと思うんですよね。
それまでのよくあるハーレム系ラノベから一皮むけて、それこそ残念系青春物語になったんですよ。なんだそれ

あっ、だからもしアニメを見て原作を読む気になった人がいたら、絶対にコネクトを飛ばしちゃ駄目ですよ?
コネクトは小鷹視点ではなく各ヒロインやサブキャラの視点で描かれているためナンバリングタイトルからは外れてますけど、幸村の男装の理由や屋上での決闘までの理科の心境などが描かれており、
多分コレを読んでないとこの先の本編の話が分からないと思います。


2期では投げっぱで終わった1期と違い、原作通りに描きつつキレイな最終回を迎えたと思います。
できればこの2期のスタッフで3期もやってほしいとこなんですけど、
原作に完全に追いついてしまっているので3期はできたとしても2~3年後になるでしょうね。

それでは、ここらで感想も終わらせていただきます。
スタッフ&キャストの皆さんは本当にお疲れさまでした。
原作組の私も大満足のアニメでとても楽しめました。いつになるか分かりませんが3期を楽しみにまっています。

ではではまた次の記事でお会いしましょう。



僕は友達が少ない CONNECT (MF文庫J)僕は友達が少ない CONNECT (MF文庫J)
(2012/12/21)
平坂 読

商品詳細を見る


広告とか初めて貼ってみました。
あんまりベタベタ貼るのは私も好きじゃないんですけど
作品の宣伝みたいなものと言うことで。



スポンサーサイト
ささみさん@がんばらない第12話「明日もがんばらない」感想&総括
4

もう女の子が可愛かったらどうでもいいや

ということで、大変遅くなりましたがささみさん12話「明日もがんばらない」感想と総括です。
もう上の言葉が全てなんですが、
超展開の連続で私を楽しませてくれた、ささみさんの最終回。
一体どのような結末を迎えるのか!?
ネタバレありですのでご注意ください。


2
3
5
1

正直12話は今までで1番ブッ飛んだ展開でついていけなかったって感じなんですよね。
今回の話を簡単にまとめると、

①ささみさんに置いてきぼりにされた情雨ちゃんが切れて世界征服を開始

②たまとかがみをサクッと倒してたまの力を奪う

③その力で九頭龍(ヤマタノオロチ的な怪物)を復活

④ささみさんを仲間にしようと誘惑するもその隙にかがみにゴーレムを乗っ取られ玉藻前ちゃん退場

⑤九頭龍もつるぎがつれてきたスサノオ(上のヤンキー風のイケメン)にアッサリ倒される

⑥イロイロあって情雨ちゃんとささみさんは友達に。波打ちぎわでキャッキャウフフ


って感じです。
えっ、この説明じゃわけがわからないって?
だ、だって仕方ないじゃないですか。見てた私もわからないんだもの(えー)


もうね、今までは数々の超展開も一応は話の流れがわかって、意外性という意味で楽しめたんですよ。
でもね、最終回は何というか展開が飛び過ぎてついていけなかったよ!!

尺が足りなかったのかもしれませんがもうちょっと何とかならなかったのか・・・
スサノオとか情雨ちゃんの中にいた男の神様(名前が思い出せない!!)とかもっと掘り下げられそうなのに。
いや、原作でも出番があれだけなのかもしれませんけどね?


と、ここまで批判ばっかり書いてきましたけど、もちろん面白いところもありましたよ。

戦闘シーンは最後までシャフトとは思えないくらい良く動いてました。
スサノオが何か必殺技みたいなのを出すシーンとか普通にカッコよかったよ!
また、冒頭から服を脱いで全裸になる情雨ちゃんとか、
情雨ちゃんに押し倒されるたまとか
サービスシーンも満載でしたし。
まあ、私が一番興奮したのは玉藻前ちゃんのスクミズシーンですけど。やっぱりロリキャラは最高だぜ


ここから総括を。
視聴前はあんまり興味も無かったんですけど、
第1話を見てはまりました。
毎週毎週の超展開で、私の中ではジョジョと並んで来週が気になるアニメでしたね。ロリ的な意味で
だから最後の最後で失速した感があって残念ですね。
個人的には10話の百合回が一番面白かったよ!!
まあ、9話で新キャラ(情雨ちゃんと玉藻前ちゃん)が出てきた時点でまとめきれるのか?って不安に
思ったんですけど案の定でしたね。
結局のところ私がなにを言いたいのかと言うと、
なんで玉藻前ちゃんをもっとプッシュしなかったってことですね(えー)

原作を持ってる友人によると、ここからささみさんをめぐっての百合修羅場が展開されるそうで、
非常に続きが気になります。って言うか早く2期を、2期をやってくれ!
そしてアニオリ展開でもいいから玉藻前ちゃんの出番を!!


えー、さっきから変態的なことしか言ってない気がしますが、ここらで終わりにさせていただきます。

スタッフ・キャストの皆さま3カ月お疲れ様でした。
BDの売り上げ的には厳しいかもしれませんが続編の可能性を信じて、楽しみに待っています。

ではでは、また次の記事でお会いしましょう。














拍手をもらえると励みになります。
PSYCHO-PASS第22話「完璧な世界」感想
9ee32e62-s.jpg
4f4e7e1f-s.jpg
426c8ad5-s.jpg
0a36bf35-s.jpg
正義の連鎖は終わらない。

と言うことでとうとう最終回を迎えたPSYCHO-PASS第22話の感想です。
ネタバレありですのでご注意下さい。


再び相まみえる狡噛と槙島。槙島を前に、狡噛の『殺意』がむき出しになる。システムの檻に囚えられなかった2つの魂が、疾走する。彼らの到達した地平に、朱は何を見るのか。そして彼女の出す答えとは――。


槙島と狡噛、そして朱の三つ巴の戦いの行方ですが、これはまあ予想どうりでしたね。
狡噛が槙島を殺す寸前で朱が止める、という結末も考えてましたけど。
結局、朱は狡噛を止めることができず、狡噛は自分の信念を貫き、槙島に自ら裁きを与える。
槙島は槙島で、誰もが誰かで替えがきくこの社会で、自分という個人を追い続けた狡噛の手で殺されることに満足して逝きましたね。何気に槙島が一番報われていた?

朱は狡噛を止めることができませんでしたが、「法が人を守る」のではなく「人が法を守る」という朱の思いはきっと狡噛にも届いていたでしょう。狡噛もこれは自分と槙島の個人的な問題だと言ってましたしね。


一方、宜野座は結局犯罪係数が一定数を超えてしまい監視官から執行官に降格していました。
しかし、そのことを特に悔やんではいないようでした。と言うかメッチャきれいな顔をしてましたね。
征陸と似ていることを隠すために掛けていた伊達眼鏡も外していましたし完全に吹っ切れたかんじでしたね。
監視官のときは無能さばかりが目立っていましたけど、宜野座執行官のこれからの活躍に期待ですよ!
頑張れ宜野座!!肉弾戦最強だったとっつぁんの息子だと言うことを見せつけてやれ!!


ラストでは一課に新人の監視官が配属され、受け継がれる正義というもの感じることができましたね。
この女の子ってあの学園にいた女の子らしいですね。私は気付かなかったんですけどこれも良い演出ですよ。
その子にかつて宜野座から掛けられたように言葉をかける朱。
宜野座とは少し言い回しが違いましたが、これは朱が経験し学んだことなんですね。
そして最後は狡噛が登場し(生きてたんだ。良かった)
いかにも続きがあるような感じでエンドと。

いや、面白かった!!
まあ、結局はシビュラも健在で世の中は何も変わらず続いていくんですけど、なかなかきれいに終わったと思いますね。根本的な問題は解決していないけどそれぞれが一応の答えを見つけ、物語は続いていくと。


ここから総括的な話を。

他のブログでも言われていますけど、2クールと言うことをうまくいかした良い構成をしていたと思いますね。
まだ、キャラクターへの感情移入がしにくい序盤では公安局に降りかかる事件をメインに据え物語を展開していく。そして、後半からそれぞれのキャラクター掘り下げていくという。そのおかげで後半はすごく盛り上がりましたからね。
ただまあ、序盤の展開が少しダレ気味だったのでそこで少し損をした気はしますね。序盤の展開をもう少し短くまとめることができていたらさらなる名作になっていたでしょう。

まあ、なんだかんだ言いながらも半年間楽しんでみることができました。製作に携わった監督・スタッフの皆さんお疲れ様です。
続きも描けそうな終わり方ですし、その後の一課の活躍なども気になるのでできれば続編に期待したいです。

ではでは、PSYCHO-PASSの記事はこれで終わりですが
また別の記事でお会いしましょう。








拍手をもらえると励みになります。
ささみさん@がんばらない第11話「恋愛なんて都市伝説」感想
2405e747-s.jpg
fb126abf-s.jpg
5dceaa5e-s.jpg

百合だ!水着だ!!修羅場だー!!!

と言うことで個人的に神回だったささみさん@がんばらない11話の感想です。



もう今週は今までで最高の百合修羅場回でしたね(笑)
特に情雨ちゃんが可愛かったよ!!
冒頭のお風呂のシーンで1人でブツブツ言ってるシーンはささみさんじゃないけど、マジで中二病かと思いましたけど、違うよね?組織とか不思議な力とかちゃんとあるんだよね?
まあ、ただの中二病だったとしても情雨ちゃんが可愛ければ別にいいけど。
あ、あと情雨ちゃんって結構スタイルいいんですね。前回は男の子になってたせいで胸板になってて気付きませんでしたよ。

縁日に行くときのシーンもツンデレが可愛かったなあ~
下僕とか何とか言ってたけど、ささみさんから連絡がなくてションボリしてるのが可愛かった。


かがみはかがみで情雨ちゃんに嫉妬してるのが可愛かった。
ささみさんに友達ができたことを素直に祝福できない自分は壊れていると言ってささみさんから離れようとするとか良い子過ぎるよかがみ!
そこはもっと我儘を言っていいんだよ、友達なんだから!!そして百合修羅場を起こすんだ

なんか他にも、みっちゃんとの主従関係がバレてしまったお父さんとか
神臣のことを「お兄ちゃん」と呼んだつるぎとかイロイロありましたけど、
全然覚えてねえーー

あっ、でも浴衣でツインテールだったつるぎは可愛かったよ!!
だってこれだよこれ!!
301ddeea-s.jpg
実は、今までは皆さんに黙ってましたけど、私ってロリキャラが大好きなんですよね!!
やっぱりロリキャラは最高だぜ!!



と言うわけで、終始私が「可愛い」を連呼しているだけだった11話の感想。みなさんどうでしたか?
見ればわかることなんですけど、
今回から感想の書き方を前回までの「ストーリー+感想」から「感想のみ」に変えました。
理由はイロイロあるんですけど、一番の理由は時間短縮のためです。前回までだと、春休みが終わる四月からのアニメの感想を書けないと思ったのでこの書き方にしました。
たぶん、これからはどのアニメの感想もこうなると思います。
ただ、このブログは皆さんに私の記事を見てもらうことが目的なので、前の方が良いという人が多いようだと前の書き方に戻します。なので前の方が良いと言う人はコメントでお知らせ下さい。


ではでは、また次の記事でお会いしましょう。









拍手をもらえると励みになります。


僕は友達が少ないnext第10話「残念王と笑えない話」感想
cf21f9b2-s.jpg
え?なんだって?

と言うことで小鷹がヘタレではなくチキンヤローだということが判明した
僕は友達が少ないnext10話の感想です。

ネタバレありですのでご注意ください。


夜空の書いた映画の脚本には、とんでもない裏があった。
部員たちの前で理科からどうしてこんなことをしたか問いただされ、うなだれる夜空。
これからどうするか一同が迷っていると、星奈は自分の脚本で撮り直そうと言い出す。



前回映画の脚本が実はパクリであることが判明した夜空。
隣人部の面々からせめられてますね。
怒鳴ってる理科も怖いですけど幸村みたいに静かにせめられる方が答えますよね。
さらに星奈からはNDK、NDKと言う感じにせめられてますね。
ハア、夜空は星奈と並ぶメインヒロインだったはずなのにどうしてここまで落ちぶれたんでしょうね。
胸か?胸の差なのか?

結局小鷹達の映画は星奈があらかじめ用意していた脚本で取り直すことになりました。
ちゃんと代わりの脚本を用意してるなんてさすが星奈ですね。
夜空にもお芝居で失敗を挽回するように諭してますし、マジ星奈がカッケーす。
そうかこれが人気ヒロインと落ちぶれヒロインの差なのか。

その星奈の脚本は皆の要望を無理やり一つの作品にぶち込んだためにメチャクチャなストーリーになっていました。しかし、それはそれで学生の自主製作映画らしくていいかもと小鷹は考えていますね。
夜空もエロい魔女のコスプレ(オープニングのあの格好)をして最初は恥ずかしがっていましたがだんだんノリノリになってましたね。
しかも撮影したシーンに理科の超技術でCG合成をしたことでとても学生の自主製作映画とは思えないできになってますよ。

その理科ですが実は人知れず努力していたことが判明します。今回の映画だけじゃない、実は1期でやったゲームのときも理科は事前に資料を集めて隣人部のメンバーで遊ぶためのゲームを作っていた。
いやいや理科が良い子過ぎますよ。マジ理科メインヒロインじゃん!
小鷹も言っていましたが理科は隣人部の中で一番真剣に友達を作ろうとしてたんですね。


中等部の学園祭が始まり小鷹達は小鳩のクラスの映画を見に行きます。映画のタイトルは小鳩姫ってそのまんま過ぎる!!
映画の内容はかぐや姫をモチーフにしたサイレント映画ですがクオリティがメチャクチャ高い!!
これホントに中学生がとったの!?
そりゃ小鷹も負けたと思いますよ。

映画が終わったあと小鳩に遭遇した小鷹達。小鳩は制服も可愛いですね。って言うか小鳩の制服姿って初めて?
今までクラスで友達がいないと思われていた小鳩ですが、実はクラスの人気者であることが判明。
まあ、あれだけ可愛い子なら人気もでて当然ですよね。しかし、クラスメイトのの話ではこちらからいくら仲良くしようとしても本気にしてもらえないそうです。
それを聞いた理科が小鷹と同じだと言いますが、小鷹にはいつものように聞こえません。

その後小鷹達が部室に戻るといつものゴスロリ衣装に着替えた小鳩も合流します。
それも見て喜ぶマリア。クラスメイトと仲が良さそうな小鳩をみて寂しそうにしてましたし
やぱっりマリアは小鳩のことを大切に思ってるんですね。小鳩も今のほうが楽しそうですし
隣人部はこうでなくちゃねやっぱり。


そして高等部では体育祭が始まります。
開会の挨拶をしていた生徒会長は夜空曰く、リア充の中のリア充らしく
夜空はリア王と呼んで嫌っていましたね。
うん、なんか今週の夜空は盗作騒ぎといいリア充というだけで人を嫌悪したりガチでクズなかんじだなあ。
いつもは残念な女の子ってかんじなのにどうしてここまで酷くなったんだ。アレか?星奈を持ち上げる為の犠牲になったのか?

一方、夜空と別れた小鷹は屋上に理科がいることに気付いて屋上に向かいます。
屋上での小鷹と理科の会話。
星奈のことをどう思っているのかを尋ねる理科ですが
小鷹は話をはぐらかします。
それを聞いた理科は小鷹を非難するような言葉を投げかけますが
小鷹はそれをもはぐらかします。
そして今の隣人部の関係を言葉にしようとした理科のセリフをさえぎり、屋上を去ろうとします。
そんな小鷹の背に向けて理科はなにかを言おうとしましたが偶然にも風が強く吹いた為に小鷹の耳には届きませんでした。
そして小鷹はもはや決まり文句となったあの言葉をつぶやいて屋上を去っていきます。
「え?なんだって?」


皆さんどうでしたか。
今週はこれまでのように夜空の凋落っぷりをえがき続けるのかと思いきや、ラストで驚愕の事実が明かされましたね。
実は私、アニメより先に原作を読んでこの話は事前に知っていたんですけど、
小鷹の「え?なんだって?」がラノベ主人公にありがちな肝心な部分は聞こえない難聴ではなく意図的にとぼけていたと知ったときは本当に驚きましたね。作者の平坂先生も思い切ったことをしてくれるぜ。

さて、今回今まで頼ってきた魔法の呪文も理科に見破られてしまった小鷹。次からはどのように隣人部のメンバーと向き合っていくのでしょう。
次回は原作どおりなら小鷹がさらなるヘタレチキンっぷりを見せるはずですがそれをアニメでどのように描くのか。次回も楽しみです。
って言うか今回は次回予告で吹きましたよ。アニメスタッフ遊び過ぎ(笑)

ではではまた次の記事でお会いしましょう。












拍手をもらえると励みになります。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。